藤慶アートについて

 先だって、福岡市美術館で歌麿、写楽、北斎、広重、国芳の浮世絵展がありました。そこで展示された作品は世界中から集められたもので、日本の至宝といってよいものでした。
 これら5人の浮世絵師のうち最も偉大なのは、北斎と広重だと思います。その理由はこの二人の作品数は非常に多く、なんと広重は生涯に2万枚の絵を描いたといわれています。しかも、この二人の作品はゴッホやモネといった印象派に大きな影響を与えました。
 このギャラリーを作った理由は、わたしの先祖は浮世絵の版元で、藤慶・藤彦という商標で歌川広重の浮世絵をプロデュースしていたからです。しかも、先祖の出版した広重の作品はあまり知られてはいないものの、「美人東海道」、「東都八景」、「月に兎」などの傑作を生みだしました。広重のすばらしさを皆様にお伝えするのが子孫の務めと考え、藤慶アートを開きました。
 もう1つの理由はわたしの父、水野浚治は切り絵の世界で、わたしの大叔母、松浦三千世は草絵の世界で、素晴らしい作品を残しました。この二人は藤岡屋で育ち、その作品は藤岡屋の伝統による影響を受けています。
 バッハやモーツアルトといった音楽が音楽の伝統の上に花開いたように、深い芸術はすべて伝統の発展的継承といえます。ここに展示している切り絵にしても草絵にしても江戸時代からの浮世絵の伝統を見られます。特に色と線と構図に浮世絵の影響が感じられます。
 皆様のご来場を心よりお待ち致しております。

藤慶アート開館にあたって 2020年4月1日
館長 水野 博志

アクセス

住所〒810-0004 福岡市中央区渡辺通1丁目1番1号
※ホーテルニューオータニのショッピングセンター内です。
連絡先092-331-5705
営業時間11:00~17:00
定休日不定休

展示会をご希望の方へ